「あらまき通信」カテゴリーアーカイブ

あらまき通信

スタートしました!

集団感染防止のための休業措置は長期的なものとなりました。5月25日(月)の年長組さんからスタートした分散登園は、子供たちの素敵な笑顔と不安とが入り混じった1週間となりました。先生方にとっても、子供たちとの出会いは、6月1日(月)の幼稚園再開に繋げる意味でも、大切で有意義な1週間となりました。

 休業措置期間中に、二つの大きな工事が完了しました。一つは、年中組3クラスのエアコン設置工事です。暑い夏を控え、子供たちが快適に過ごせるよう環境整備を行いました。また、プレ年少ひよこ組のエアコンを新しいものにしました。これで、全部の保育室にエアコンが整備されたことになります。

二つ目は、「みてみて山」の工事です。散策路の保全と土留めのための工事を行いました。子供たちの安全を確保し、より一層楽しく遊び、観察できるみてみて山になりました。子供たちは、もうすでに、楽しそうに山で冒険し新しい発見をしています。

8日(月)からは、いよいよ通常の保育が始まります。再開後、先生方は一生懸命子供たちに向かい合いながら、丁寧に保育にあたっています。楽しい園生活をおくるには、子供たちの生活のリズムが整うことも大切になってきます。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

 あらまき幼稚園 園長 中舘富也

 

みなさん、はじめまして。                                 みんな、待ってるね。

 4月に新しく園長になりました中舘富也です。子どもたちの思いを汲み取り、ありのままの姿を受け止めながら、幼稚園経営や園児教育にあたってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 子どもたちが楽しく遊び、歓声が響き渡る幼稚園。先生方のあたたかい支援が行き渡る、親身な保育。そんな幼稚園に早く戻るためにも、コロナウイルス感染拡大の終息を願わずにはいられません。

 みてみて山の鳥の鳴き声に元気をもらい、元気に動きまわるうさぎさんに励ましをもらう毎日ですが、そんな中、先生方は保育再開に向けて一生懸命準備を重ねています。本当に頭が下がります。

 大変つらい我慢の日々ではありますが、笑顔いっぱい・元気いっぱいの子どもたちに会えることを楽しみに待っています。

 再開・再開後の予定につきましては、「みてみて通信(家庭通信№1)」でお知らせいたしておりますが、緊急事態宣言や感染状況によっては予定変更も考えられます。幼稚園としての対応等につきましては、一斉メールでお知らせ致しますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

      あらまき幼稚園 園長 中舘 富也                                                        

 

 

一年間まとめ

2月、3月は時間があっという間にたってしまいます。3月になり、今日から中旬ということになります。今年は特にいろいろなことがあり、時間の流れが速く感じます。

2月28日(金)、首相からの小中高の臨時休校を要請を受け、本園としては3月2日(月)からも通常保育と考えていることを、お便りで保護者の皆さんにお知らせしたところでしたが、29日(土)市内での新型コロナウイルス感染者の発生のニュースを受け、3月3日から自由登園といたしました。給食あり、バス運行ありで行うことにしました。バスは朝、夕、車内をアルコールで消毒しております。預かり保育についてはこれまでどおりです。

本日現在、185名中27名欠席、うち事故欠(家の都合などで休むこと)は22名ほどです。自由登園の場合、欠席扱いになりません。

卒園式は17日予定通り行う予定です。大変申し訳ありませんが、参列は一家庭、保護者の方1名だけにしていただきました。来賓の方も限定させていただき、内容もできる限り簡素化して行いたいと考えております。心の籠った卒園式にしたいと思っております。子供たちの門出を温かく送ってあげたいと思っています。

なお、修了式などは放送などを使い行う予定です。また、春休みの一日入園やバス説明会を中止にしました。対応策については、25日から27日の間に個別に幼稚園に来ていただきお伝えすることにしました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

まだまだ先が見えない、状況が続きます。ご迷惑をおかけすることでてきますが、なにとぞよろしくお願いします。

あらまき幼稚園 園長 菅原 耕一

 

 

暦の上では春になりました

1月18日土曜日の開園記念餅つき大会では、およそ120名の祖父母の皆さんにお集まりいただきました。遠く愛媛から来園してくださった方もおり、餅つき大会をとても楽しみにしてくださっていることがよく分かりました。

今年は年少組の保育室が耐震補強工事のためホールが使えず、園庭でテントを張って餅つきを行いました。幸いお天気にも恵まれ、子供たちと祖父母の皆さん一緒に餅つきをしていただきました。園としても、大変有意義な一日となりました。お手伝いいただいた保護者の皆さん本当にありがとうございました。

補強工事も終了し、2月4日年少組への引っ越しをしました。補強のため大きな柱が保育室の隅っこにたててあります。また、以前のように年少組での保育が始まります。ご不便をおかけしたところあったかと思いますが、今後もよろしくお願いいたします。

2月は、年長組の特技自慢大会、それから年長組さんとのお別れ会、それから同じく卒園記念お茶会などなど、卒園に向けての行事がたくさんあります。年長さんは、小学校への就学に向けての取り組み、また年中、年少、プレ年少の子供たちは、それぞれ進級に向けての取り組みが増え、意識がとても高まってきています。

あっという間に過ぎてしまう2月ですが、一日一日を大切にして過ごしてまいります。

園長 菅原 耕一

あけましておめでとうございます

令和2年1月9日(木)あらまき幼稚園の3学期が始まりました。いつものように、幼稚園の門で子供たちを迎えて挨拶をしていると、子供やおうちの方の笑顔で冬の寒さを吹き飛ばしてしまいます。「あけましておめでとうございます。」「おはようございます。」挨拶は、私たちの心を温かくしてくれます。今日も、そのことを実感することができました。

いつもは全園児がホールに集まって新年のあいさつと始業式をするのエスが、今、年少組の耐震補強工事のため、ホールを保育室に使用していますので、、各学年ごとに集まって、始業式を行いました。楽しい行事がたくさんあった冬休みだったようで、どの子も、久しぶりの登園を楽しみにしていたようです。先生やお友達にお話ししたいことがいっぱいあったようです。

春になると小学校に入学する年長の子供たちは、体育座りをしているときも、背筋がすっきりと伸びています。お話をしている人の方を両目でしっかりとみているので、話す方がとても話しやすい気持ちになります。年中組、年少組、ひよこ組の子供たちも進級することを心に刻んでいるようで、お話をしっかり聞くことができました。

今年は4年に一度のオリンピック、パラリンピックが東京(を中心にして)で行われます。世界中の人たちが日本にやってきます。私は、いろいろな国の選手にいっぱい応援するのが今からとても楽しみです。

始業式では、子供たちに、おもちゃを取り合っている子供の挿絵を見せて、感想を聞いてみました。子供たちは「いじわるしないでおもちゃを貸してあげ、仲よくするよ。」と答えてくれました。ラグビーの日本チームはいろいろな国の人たちで一つのチームになりましたが、全世界が子供たちが言ったように、仲よく過ごせる一年であることを願っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

あらまき幼稚園長 菅原 耕一