もうすぐ就学、進級

あっという間に2月が終わりました。2月12日に行われた、年長組の特技自慢大会の影響は年少さんや年中さんへの影響がとても大きかったようです。年長組の子供たちは、幼稚園の子供たちのあこがれの的でした。

「年長さんのように縄跳びが跳びたい。」とか「ポンピングができるようになりたい。」とか、取り組む子が増えたようです。21日はお別れ会。各クラスに年長さんを招待して、一緒にゲームをしたり給食を食べたりして、これまでお世話になった感謝をしました。異学年で交流することの大切さを、子供たちが普段の活動や行動から、私たちに教えてくれます。

さて、3月は卒園、進級の季節。年長の子供たち74名はあらまき幼稚園を卒園します。友達を別れる寂しさや、小学校への期待を膨らませながら、この3月を過ごしているように思います。中には楽しみだけでなく、不安も心の中にはある人もいるでしょう。どうぞ幼稚園を忘れないでいつでも遊びに来てほしいと思います。先生たち、そして、みんなが一緒に遊んでくれた後輩たちがいます。幼稚園の時を思い出して園庭やみてみて山で遊んでください。

進級する年中組、年少組、ひよこ組の子供たちも、年長さんからいろいろ教えてもらったことを忘れないで、進級したらまた、後輩たちと一緒に遊んでくれることでしょう。素晴らしい思い出を残してくれた年長さんの後をしっかり継いでくれることでしょう。

保護者の皆様、一年間幼稚園に対する温かいご理解とご協力をいただきましたことに厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。

園長 菅原 耕一