あけましておめでとうございます

令和2年1月9日(木)あらまき幼稚園の3学期が始まりました。いつものように、幼稚園の門で子供たちを迎えて挨拶をしていると、子供やおうちの方の笑顔で冬の寒さを吹き飛ばしてしまいます。「あけましておめでとうございます。」「おはようございます。」挨拶は、私たちの心を温かくしてくれます。今日も、そのことを実感することができました。

いつもは全園児がホールに集まって新年のあいさつと始業式をするのエスが、今、年少組の耐震補強工事のため、ホールを保育室に使用していますので、、各学年ごとに集まって、始業式を行いました。楽しい行事がたくさんあった冬休みだったようで、どの子も、久しぶりの登園を楽しみにしていたようです。先生やお友達にお話ししたいことがいっぱいあったようです。

春になると小学校に入学する年長の子供たちは、体育座りをしているときも、背筋がすっきりと伸びています。お話をしている人の方を両目でしっかりとみているので、話す方がとても話しやすい気持ちになります。年中組、年少組、ひよこ組の子供たちも進級することを心に刻んでいるようで、お話をしっかり聞くことができました。

今年は4年に一度のオリンピック、パラリンピックが東京(を中心にして)で行われます。世界中の人たちが日本にやってきます。私は、いろいろな国の選手にいっぱい応援するのが今からとても楽しみです。

始業式では、子供たちに、おもちゃを取り合っている子供の挿絵を見せて、感想を聞いてみました。子供たちは「いじわるしないでおもちゃを貸してあげ、仲よくするよ。」と答えてくれました。ラグビーの日本チームはいろいろな国の人たちで一つのチームになりましたが、全世界が子供たちが言ったように、仲よく過ごせる一年であることを願っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

あらまき幼稚園長 菅原 耕一