2月

おかげさまで、あらまき幼稚園は29回目の開園記念日を迎えることができました。昭和54年、地域住民の強い願いと地元優志のご寄付そして仙台市からの助成を得て開園しました。これまで2575名の卒園生を送り出し、保護者の中にも卒園生がいらっしゃるようになりました。1月15日には、新成人で男子の卒園生が幼稚園に遊びに来て、感慨深そうに園舎を見て回ったり当時の担任と懐かしそうに話したりしていました。
三学期も、子どもたちにとって楽しい行事がいっぱいです。1月19日(日)は、恒例の「開園記念餅つき大会」を行い、たくさんの祖父母の皆さんにも参加して頂きました。子どもたち自身が餅つきの様子を見、杵を持って餅をつき、つきたてを味わう等の経験はなかなかできないことです。2月1日(金)は、「あらまき流豆まき大会」です。先生が扮する鬼をやっつけるだけでなく、自分の心の中にいる悪い鬼を追い出してしまうと言う趣向です。2月6日(水)は、仙台童謡愛好会のお母さん達による「楽しい童謡コンサート」です。歌うことの大好きな子どもたちの笑顔が楽しみです。どの行事も、子どもたちの生活にとってかけがえのない催しです。
月日のたつのは早いものです。「2月は逃げる」「3月は去る」と言う言葉があります。過ぎていくその時々を大切にし、目の前の目標を見据えながら、子どもたちの保育にあたっていきたいと考えています。