みてみて山

みてみて山

 「みて」「みて!」と心を動かされる発見や出来事を先生や友達に伝えずにはいられない子どもたち。「どれ、どれ」「あ、ほんとだ!」と、驚きや感動を共感する輪ができる山、それが”みてみて山”です。
 園庭南側に接するみてみて山は、子どもたちの冒険心をそそる素敵な遊び場。草や木の生長、虫たちのうごめき、小さな石ころさえも子どもたちの遊びを演出し、工夫や新たな発見を手助けしてくれます。 子どもたちの知的好奇心や探索意欲を満たしてくれる山なのです。
(昭和63年 親と園児からの公募によって命名されました)

 

みてみて山ギャラリー(2014年)

みんなにこにこ!みんないきいき!