あらまき通信

title

暦の上では「春」

2019年2月1日

2月を迎えると、暦の上ではもうすぐ「春」です。4日は「立春」です。本日一日、豆まき大会がありました。ひよこ組の子から年長組の子まで、一人一人鬼の面を作りホールに集まりました。一月の中旬、幼稚園もインフルエンザA型の猛威に襲われましたが、すっかり回復しました。

さて、一人一人の作った鬼は、自分の中にある「好き嫌い」だったり、「だらだら」だったり。そんな鬼をやっつけるため、みんなで元気よく豆まきをしました。

8日は恒例の「童謡コンサート」。仙台童謡愛好会の皆さんが歌を歌ったり、踊ったり、また園児と一緒に童謡を歌う機会を作ったくださいます。童謡を歌うことをあらまき幼稚園も大切にしてきています。聞き手と演奏者が一体となった楽しい時間を持つことができます。とても楽しみです。

下旬になると、「お別れ会」や年長組の子供たちの「卒園お茶会」など、卒園に向けての準備が進んでいきます。一日一日の進み具合が、グンと加速されてきたように思えるほどです。就学に向け、進級に向け一日の活動を大切にしながら保育を進めてまいります。今月もどうぞよろしくお願いいたします。

園長 菅原 耕一


以前の通信を読む

みんなにこにこ!みんないきいき!