「あらまき通信」カテゴリーアーカイブ

あらまき通信

6月

4月、5月と大きな行事が続き、子どもたちは楽しい行事の連続に大満足でした。行事を通して、また毎日の基本的な生活の指導を通して個人としても集団としても、2ヶ月間の成長は大きなものがあったように思われます。
年少組は、「今まで出来なかったことが出来るようになったこと」に喜びを感じている姿を見せています。年中組は、友達との関わりが深まり遊びや生活面での広がりが出てきます。年長組は、自分たちの生活に目を向けグループでの活動も出来るようになってきています。
4月は花、5月は緑、6月は雨そして自然や生き物でしょうか。雨上がりの園庭で、風が吹き抜けるみてみて山で、青空の下の友達との遊びの中で、生き物の世話をする中で、子どもたちは色々なことに気付き新しい発見をしています。「みてみて山の竹の子が大きい竹になった」、「青虫がさなぎになって動かないよ」、「シャボン玉は水に浮かぶんだね」「卵からたくさんカマキリが出てきたよ」、「青い梅の実を拾ってきたよ」、「テントウムシが飛んで来たのでどもたちの両手でパチンとして捕まえたよ」等、毎日子どもたちからたくさんの声が聞かれます。
これから7月の夏休み前までは、子どもたちは落ち着いた環境の中で更に自分を高めていってくれると思われます。教師にとっては、まさに保育の充実期と言えるでしょう。
「ひよこ組」(満三歳児)募集中です。4月を待たずに三歳の誕生日を迎えたら入園できるクラスです。お問い合わせください。

5月

野山の景色が濃い緑色、うす緑色、白っぽい緑色とやわらかな彩りを見せています。爽やかな新緑の季節となりました。
例年のことながら、幼稚園の「みてみて山」には、たくさんの竹の子が顔を出し始めました。この頃が、子どもたちが園生活に慣れる時なのです。早いもので始業式・入園式から1か月が経ちました。気持ちの良い風に吹かれて、どの子どもも明るく元気な声を園庭いっぱいに響かせています。
あらまき幼稚園では、今年から4月下旬に行っていた「家庭訪問」を取りやめました。代わって「個人面談」を新設し、入園当初の子供の様子を保護者と話し合うことにより、担任の今後の保育に生かしていくことにしました。昨年度までの家庭訪問期間中の午前保育が無くなったため、全学年で通常保育の期間を多く取ることができました。
5月は、こどもの日大会、いちご園への親子遠足、竹の子カレーパーティー、おもしろシアターさんの公演など子供の体験を豊かにする行事がたくさんあります。「いっぱい遊びたくさん体験して、みんなにこにこ、みんな生き生き」の子供像を目指して日々の保育の充実に努めてまいります。
未就園児親子教室「すくすくクラブ」が、開かれます。人数にまだ余裕がありますので、ご希望の方はお問い合わせください。

4月

赤・白・黄色・ピンク、さまざまな花が一度に咲き出しました。まさに百花繚乱とでも申すのでしょうか。そんな中で、木々の緑も一段と濃く鮮やかに映えるようになりました。春は、自然が人間が生き生きと活動する季節です。幼稚園も入園式と始業式を終え、園庭や保育室やみてみて山に元気な声が響きわたっています。子どもの澄んでかん高い声は周囲を元気にし、勇気づけてくれるような感じがします。
あらまき幼稚園では、こんな子どもに育ってほしいという願いを3つ掲げています。
・思いやりのある明るい子ども
・進んで活動する元気な子ども
・豊かに表現する生き生きとした子ども
私たち教職員は、日々の遊びや行事等をとおして、少しでも目標に知がづけるよう努力してまいります。
平成20度は、あらまき幼稚園開園30周年の記念事業を保護者の皆様のご支援のもと、無事執り行うことが出来ました。今年は、幼稚園の歴史を再確認し新たな出発をする時です。「温故知新」の言葉にあるように、世の中の変化、親の願いや子どもの期待に応えられるよう15名の教職員が心を一つにして、幼稚園の運営に当たってまいりますのでよろしくお願いいたします。

3月

「三寒四温」の言葉どおり、季節のうつろいを肌で感じるようになりました。少しずつ気温が高くなり、日差しもやわらかくなってくるのと同時に草花の蕾もふくらみ始めました。
子どもたちが「春よ来い」や「春が来た」等の歌声を響かせている間に卒園式や修了式が近づいて来ました。年長組の教室からは、「何時のことだか思い出してごらん、あんなことこんなことあったでしょう」という「一年中の歌」を練習する声が聞こえてきます。幼稚園にいらっしゃるお母さんの中には「うちの子ももう卒園なのね。なんて早いんでしょう」と感慨深そうな表情を見せられる方もおられます。
今年、あらまき幼稚園を卒園する子どもは79名です。「ひよこ組」から入った子は約4年、年長から入園した子は1年と、園で過ごした期間は様々でしたが、どの子どもも明るく元気で素直に成長しました。とりわけ大きな事故もなく卒園の日を迎えられること、何よりと思っています。
年少・年中の子どもたちも進級に向け、張り切って生活しています。
今年は、花の便りが早く聞かれそうです。桜の蕾が大きく膨らむ頃、子どもたちの希望に満ちた新しい生活が、また始まることでしょう。

2月

「大寒む小寒む、山から小僧が飛んできた」。少し前まではこんな歌も聞かれる時もあったのですが、めっきり雪が少なくなりました。ここ仙台も1月は雪らしい雪は降っていません。暖かい南の地方からは、春の便りが聞かれるようになりました。
例年、1月はインフルエンザやウイルスによる胃腸炎等で園児の欠席が急に多くなるのですが、ようやく下火になりました。園庭では、日差しを求めて先生と子どもたちが手を取り広がって遊ぶ姿が見られるようになりました。年中や年長の学年には、縄跳びに挑戦する子どもが多くいます。室内では、鬼の面作り、毛糸を使っての指編み等も行われています。年少児も、他の学年と交流して遊べるようになりました。
あらまき幼稚園は、今年開園30周年を迎えました。30周年を冠にした諸行事も無事終え、記念事業の「航空写真の撮影」と「開園30周年記念誌の発行」も予定通り行うことが出来ました。関係の皆様方から温かいご理解とご支援をいただきましたこと感謝申し上げます。
さて、いよいよ2月です。3学期の教育日数の3分の1を過ぎました。「二月は逃げる、三月は去る」という言葉がありますが、卒園式や修了式までの残り少ない日々を、子どもたちにとって楽しい遊びが体験できるよう、また、発達段階に合わせての生活習慣の定着を目指し、教職員一同努力してまいります。