3月

各地からいろいろな花の便りが聞かれるようになりました。今日、2月29日の朝、年長の女の子が「園長 先生、みてみて山に竹の子が出ているよ」と知らせに来ました。行ってみると、固い土の中からほんのちょっとだけ竹の子が頭をのぞかせていました。子どもたちが歌う「春の小川」「春が来た」「どこかで春が」等の童謡からも、春の明るさ、暖かさが伝わってきますね。
あらまき幼稚園では、3月14日(金)に第29回の卒園式を行います。今、年長の子どもたちは、卒園式に向けての活動や小学校生活に向けての心の準備に充実した日々を過ごしています。この子どもたちが年少の時は、園舎増改築工事のまっただ中で、園庭で運動会が出来ずに荒巻小学校での開催となりました。年中の時の夏休みに木造平屋部分の大改修を行い、整った環境の中で生活することが出来ました。間もなく卒園ですが、年長になってからは大いに遊び、友達や先生との関わりを深める中で、たくさんの行事に取り組み成果を上げてきました。
今日も、199名の子どもたちは、元気に園庭やみてみて山を駆け回っています。大きな事故もなく今日まで過ごせましたこと、教職員一同喜んでいます。そして、明るく元気に三学期のまとめをして進級や進学が出来ますこと、これまたうれしく思っております。
年度末になりました。これまで、あらまき幼稚園のホームページをご覧頂きましたこと、感謝申し上げます。
来年度も、どうぞよろしくお願い致します。